生きたまま埋めるのはかわいそうだよ

シュールな世界観がいいね~って棒読みで言って

苦しみ

このブログの前回の更新が去年の8月なのですが(http://metchakaku.hatenablog.com/entry/2016/08/21/140024)、今、ここに書いた「休日の終わりかけに憂鬱になる」という状況にまたしても陥っています。

ある一つの悩みが解消されることなく何度も何度も回帰してくると非常に消耗しますね。

自分は今やっている仕事が気に入らなくて、できれば別の仕事がしたいと思っています。ですが、どのような仕事をしても納得できないのではないかと考えています。

こうやって頼まれてもいないのにブログを綴ったりするところから文章を書くのは好きなのかと思っていました。それで、批評を書いてみようと試みたりもしたのですが、どうも上手くいかなくて、これが何故かというと僕は自分の話がしたいだけだったのです。

批評というのは、基本的に何らかの対象を持ちます。それは文芸とか、音楽とか、美術とか、映画とか、社会とか、多岐にわたりますが、自分語りは批評ではない。

じゃあ自分語りをやっていけばいいのではないか、という考え方もありますが、自分語りで仕事をしていくとなると、相当特殊な<自分>を持っている必要があります。世界中を旅したことがあるとか、裏社会を知っているとか。

でも僕にはそういうものはないので、そんな凡庸な人間の話には需要がない。

このまま僕は「ああいやだなあ」と思いながら一生を終えるのでしょうか。人の一生とはそういうものなのでしょうか。そういうものなのかもしれません。苦しいですね。

苦しみの中で懸命に表現活動を行うアーティストっていると思いますが、できれば誰も苦しまない方がいいなとも思います。

「神様が僕にだけ秘密で教えてくれた呪文

世界中の人が幸せになる代わりに 歌うことなくなるよ

神様が僕にだけ秘密で教えてくれた呪文

世界中の涙が笑顔に変わるがしかし 芸術はくたばるよ」

(呂布カルマ『オーライオーライ』)

でも苦しみがなくなってしまえば、芸術もなくなってしまうのかもしれません。

話を戻しまして、僕はこの先どうやって生きていけばいいのでしょうか。

どうしたら「ああ幸せだなあ」と思うことができるのでしょうか。

今の自分には<現状肯定>と<自己改革の失敗>しかありません。

この二つの繰り返しにもう飽き飽きしています。でもこれ以外に何もないような気もします。

何だか考えることに疲れてきました。この文章も、書くことによって何かを見出すことができればと思って書いたのですが、何のヒントも出てきません。

セックス・ピストルズジョニー・ロットンは"No future"と歌っていました。そこにはポジティブなものを感じます。

歴史は堆積することによって腐敗していきます。たとえば、ある一つのスタイルが市民権を得ると、そのスタイルを真似するものがたくさん現れます。そして真似が蔓延すると飽き飽きしてきます。

ロックの歴史が飽き飽きしたものになってきたときにセックス・ピストルズが現れたという雑な理解を僕はしています。僕もいま、「もううんざりだ」という気持ちです。そういう思いがあるということは一つの可能性でもあるような気がします。

誰もやったことのないようなことをすることは可能でしょうか。

まだ自分には覚悟が足りません。

何をやっても無駄という気持ちがあります。

とても苦しいです。でも誰も答えを与えてはくれません。自分で解決するしかない。

もはやどんな表現活動をしても、それは金に繋がりはしない。

何十年も一つのことに取り組んでいれば、そのうちに金になるようになるかもしれませんが。

とにかく何かを<好き>と思う気持ちは大事だと思います。

なるべく<好き>を増やして、生活を豊かなものにしたいですね。

今は「ヤなことそっとミュート」というアイドルグループの楽曲を聴いていて、これがとても良いです。

あと、最近小説が読めなくなってしまったので、詩や短歌が気になります。小笠原鳥類とか。

 

休日について

休日でも、ふと心が塞いでしまうときがある。それは、「今この瞬間は楽しくても、明日は仕事なんだよな」と思ってしまうときだ。そう思ってしまっても、「まあいいや。せっかくの休日だし、楽しもう」とすぐに切り替えられるときはいいが、どつぼにはまってしまうときもある。明日が来るのが怖いと思いながらガタガタ震えて、休日を楽しまずに終えてしまう。

やはりこういった事態は避けたいものだ。どうしよう。たとえば、一生働かなくていいなら、こういう不安は生まれない。でも、そんなことはありえないし、もし実現したとしても、今度は、「毎日やることがない。むしろ仕事したい」なんてことを言いだすのも十分ありえる。

つまり、仕事っていうのは、基本的には「ある」ものなんだという認識が必要である。もちろん何らかの事情があって働けない人もいるし、また、ニートの人もいる。そういう人が間違っているわけでは絶対にない。僕だっていつ精神を失調するかわからないし、ニートになるかわからない。そうしたら、そうした、だ。

ただ、もし自分がニートになったとして、そのことを喜べるかとなると、はなはだ疑問だ。普段、つらいつらいと思っている仕事は、実は精神的な支柱にもなっている。給料も入るし。

仕事という概念をなくすという方向性では、休日にふと訪れる憂鬱の解決にはならなそうだ。となると、一番いいのは「仕事を嫌なことだと思わない」ということだろう。これは、難しいといえば難しいのだが、仕事をやっていくんだったら、「嫌だなあ」と思いながらやるよりは、「やってみるか」と思いながらやるそうがよさそうだ。

今自分でも驚いているが、僕はこういう前向きな考え方というのが大嫌いなはずなのだ。でも仕事とつきあっていくには、こういう考え方も必要になってくるらしい。「日めくり修造」とか、あほな人がやるんだと思ってたけど、前向きに考える方が、いろいろ上手くいくこともあるのだろう。

でも、ほんとにつらくなったら仕事をやめてもいいと思う。病気になったり、死んだりするくらいなら。僕はまだその域に達してないので続けてこうと思っている。

ということを今、休日なのに書いているわけだが、休日の憂鬱には上記以外のパターンがあって、それは休日も終わりかけのころに訪れる「結局何もせずに休日が終わってしまった」という後悔がうみだすものである。

この後悔はだいだい「寝てすごしちゃった」とか、「Twitterのもめごとを追っていたらいつの間に時間がたっていた」とか、「底辺Youtuberの動画みてたら時間がたっていた」とか、「漫然と時間を潰す」ことによって引き起こされる。

今からこれをやろう!というふうに自分の意思をもって遊べば、後悔はない。

今から力の限りだらだらするぞ!ってのもありだし。

とりあえず今から新宿に行こうかな。俺は本屋が好きなんだ。

今日のできごと

今日は初心に返って普通に1日の出来事を振り返ってみたいと思います。
ブログて「ウェブ・ログ」の略だからね。やはり、記録としても意義のあるものにしたいなぁとも思うわけです。

さて、今日は特に大学もバイトもなかったので、ダラダラと10時ごろに起きました。遅めの起床は疲れが体に残っている感じがする。今年は例年以上に生活のリズムに気を配りたい。

朝ごはんは、かにかまぼこでした。キャラメルをかけて食べるとうまい。
食べてる途中に4回も床に落としてしまったのですが笑、幸い、先日床を弾力性のあるものに変えていたので、毎回バウンドして手元に返ってきました。「リバウンドを制するものは、港区を制する」って『マリブコーク』にもあったし笑

そのあとは庭で会議。
うちは少し変わっていて、父が無職で、体が土に埋まっています。
我が家の主な収益は、株と不動産なので、毎日父が「あれを買え」とか「これを売れ」とか、顔でうるさく指示を出すわけです。すこぶるめんどくさい。

父が「SMAP解散の報せが"バタフライ効果"を起こして、音楽産業がベチョベチョになる。今のうちに"汁"を"おじいさん"しておけ」と僕たち家族に指令を出します。
すると妹が「なに言ってんの?それよりトイレットペーパー買わなきゃじゃん」と言います。あまりの正論に父もボンパルミ笑。

そのあとは、池の鴨のくちばしを口いっぱいに頬張りつつ、友達の星田英利とパントマイムの話で盛り上がりにけり。

そうこうしているうちに3時になってしまったので、遅すぎる昼食を取ろうと冷蔵庫を空けたら何にもない。
母も妹も「無職の人間たちが森に集い、蜂が手塩にかけて作った養分を強奪する」というコンセプトのイベント、その名も「プーさんのハニーハント」に参加するため、出かけてる。ヒトォー

残されたのは庭から出ている父の顔のみ。仕方が無いので、父の顔のそばに生えていた食虫植物にそのへんにいたアリを与えて、その光景に感情移入することによって腹を満たす笑。こういうのも悪くないよ。

腹が満ちたので、金沢のグソ屋にオヌヌをハコりに行きました。

今日ハコったのは、"バスメノムリ" の6棹目のAG、『和をもって、バスメノムリ』。
いわゆる「ナシィ」であるバスメノの中でも特に煙なのが「nん」です。nんはマジでフゴリ。友人の星田英利は、「nんで三回梳いた。剣状突起痛い」っていうくらいフゴフゴです。

もう1棹、"Ayano Go's Tatision"の忍空もハコりました。おまえらあまり知らない組合かもしれませんが、「エイヤノ・ゴーズ・テイティション」と読みます。こっちもpessiできそう。

肥溜めに蹴り込んでからは、バスメノムリペロりながら、ゆっくり時間かけてMoco'sキッチンしました。
至福~ん。

今日思ったのはやっぱり「ベシリバババヌシをガミタレゲても、ペリリーナにすぎない。『ケニキュレエピピヌシ!ウペペwwwウペペwww』とかサンマれろ、カニクレビってくる」ってことですかね。ケンマレロビッタレス。エシキ。

コー寒が「くんとれー。くんとれー。」って、ごべりきても、あにこねれは勉太になりませんもんね。

深い。

帰りの電車で、流れゆく風景を見るともなく、見送っていると、ふとそんなことを考え込んでしまっている自分がいました。

…………いや、俺だって真面目なことも考えてるんだよっ!笑

その後、家に帰ってお風呂に入り今布団の上でハイスタを聴きながらブログを書いています。


明日はどんな日になるかなぁ。

 

デジモンペンデュラム

たとえばボクサーが一度口に入れたマウスピースを取り出したとする。他のボクサーがそれをそのまま口にはめることができるだろうか?

どうですか?

他のボクサー「ちょっと…………いや…………え〜〜〜??…………」

ご覧の通り、だめですね。

 

じゃあこれ、僕がポケットに入れてたティッシュなんですけど、そこのあなた、鼻垂れてるみたいなので、あげますよ。使ってください。

「あ、はい、ありがとうございます……………。ブボボボボボン!ブボボボボボン!ビッ!」

どうですか?ティッシュの香りは?

「なんか………………家の匂いがしますね」

正直に答えて欲しいんですけど、その、僕の家の匂い、あるのとないの、どっちがいいですか?

「んーーー……まぁ、なければ、ない方が…………」

はい。ありがとうございます。

 

 

俺の家の匂いがない方がいいだと?

 

あああああん"ん"ん"ん"?

てめぇには二度とティッシュ貸さねぇからな!!!

(※うそだよ)

 

他人からもらったお菓子にも匂いついてたら、けっこう食うのいやかもしれません。

でもアヴリルラヴィーンが腋の下で握ったおにぎりだったら?

 

「自分は………正直ちょっと、ためらっちゃいますね」(27歳・無職)

 

アヴリル・ラヴィーン「いや、無職には言われたくねぇよ。」

 

じゃあ、アヴリル・ラヴィーンが、もし仮にマグロの解体ショーやってくれたら、見に行く?

 

「自分は………正直ちょっと、ためらっちゃいますね」(27歳・無職)

 
アヴリル・ラヴィーン「いや、だから無職には言われたくねぇよ!
いや、ていうか、
マグロの解体ショー、しねぇよ!」
 
でも、そんなアヴリルさんの切ってくれたマグロ。ちょっと食べてみたい……。さぞかし美味なんだろうな………。ていうかアヴリルとかどうでもよくて、刺身ってうまくない?最近気づいたんだ。俺、気づいたんだ。こんなに大事なものが近くにあるんだって。
 
「龍生(りゅうせい)…………」
 
亜美菜(あみな)。俺、決めたんだ。ずっとお前のこと、大切にするって。
あとさ、おれ、新年迎えてから「あけおめ」ってけっこう言われたけど、あれってもしかしたら「あけろっつってんだろ、おめぇ!」の略かもしれないんだ。
うち、家具とか全部差し押さえられちゃって、もう売るもん臓器しかねぇのに、まだ家の前に来るんだよあいつら。ドア叩いて。
「あけおめ!」って。何回も言ってくるんだ。
おふくろ、いま風邪で寝込んでるんだから、そっとしておいてほしいのに。
俺、おふくろの肛門に焼いたネギ一本入れてあげたのに、おふくろ「うんち」って言ってすぐ引っこ抜いちゃったんだ。入れときゃ風邪治るのに。結局、ちょっと括約筋刺激しただけかよ………。

 

でも俺、がんばるわ。今年の抱負、「性行為をクラウド化する」だから。それ達成するまで死ねねえや。

スニーカーの話

最近、というかここ数ヶ月くらい、スニーカーに興味があります。

僕は洋服も、全く興味がないというわけではないのですが、スニーカーの方がより、購買意欲をそそられます。

洋服に比べて、形がはっきりしていて、よりガジェット感があります。「ミニ四駆」や「ベイブレード」を欲しがるような感覚で、スニーカーのことを考えています。

ロックをやってる人なら、ギターやエフェクターを集める感覚に近いかもしれません。

いや、ここで一つ言っておかなくてはならないことがあるんですが、僕が所有している靴はたったの「2足」です…………。だから本来は偉そうにスニーカーのことを語る資格などはありません。すみません、調子乗りました…………

 

 

 

ぜんぜん違う話していいですか?

スニーカー関係ないので興味ない人は【この話、終わり】ってとこまで飛ばしてね。

僕は人のブログを読むのを、結構楽しみにしているんです。最近めちゃくちゃ暇だし・・・・・・。

だからスマホのホーム画面に置いといて、いつでも見れるようにしてるんですが、見に行くたびに「まだ更新されてない……」と思ってしまいます。

毎日更新している人とかもいるので、けっこう更新頻度は高いのかもしれない。でも、「まだか」と思ってしまうってことは、一日に4,5回くらいアクセスしてることになるんじゃないだろうか。

他にやることないんですかね。

まぁでもやっぱり更新してくれた方が嬉しいわけですよ。

それってツイッターにも同じことが言えて、あまりつぶやかない人に対して「もっと呟け!」って心の中で思っています。

「人に自分のことをわかってもらいたい」と思う気持ちって、人間の「弱さ」だと考えているんですが、その「弱さ」を出せる人の方がやはり安心できます。

あまりつぶやかない人はきっと、現実世界での会話などで満足しているか、もしくは、孤独に耐える強さを持っているんだと思います。

でも、そういう人って一人でも生きていけるから、自分なんかが関わったところで足手まといなだけなのかもしれないと思って、自然と深く関わることを恐れてしまいます。敬遠してしまう感じがある。

というわけで、みんなナイーブに自己を発露することを恐れないで欲しいと思うんです。僕はそういう人が好きだし、そういう人の言葉が好きだ。

ツイッターは公共の場なので、呟きすぎたら嫌われるのは当たり前だと思いますが、ブログはそういうこともないのでおすすめですよ。

 

はぁ……またこういう自意識とかコミュニケーションとか、人によってはクソつまらないと思うであろう話をしてしまった。

【この話、終わり】

 

 

 

僕は最近いつも履いてる水色のスニーカーをめちゃかわいいと思っていて、街中や街のトイレなどで、「姿見」っていうんですかね、全身が写る鏡があるときは、必ずうっとりと眺めてしまいます。

「この靴、かわいいなぁ……」と。

しかし、人に言及されたことは2回しかないです。もっとみんなが注目するのかと思ってた。負けたわ。

僕がスニーカーを好きになったきっかけはラップなのです。

ラップの話もじっくりしたいのですが、それはまた今度にして、簡単に説明すると、ラップって「自慢話」になんですよね。

だから「俺はこんないいもんを身につけてるぜ」っていうアピールのために洋服とか靴とか帽子とかアクセサリーのブランド名がたくさん出てくるんです。

くだらない音楽だと思いました?笑 決してそんなことはないですよ。

で、スニーカーに関してもナイキのジョーダンとかエアフォースワンとか、コンバースとか、バンズとか、いろいろブランド名、さらにどういう型のやつかということがラップされるわけです。

僕はたぶん3年くらいABCマートで買ったコンバースのオールスターを履いてたんですけど、さすがに崩壊が始まってきたので、新しく靴買おうと思ったのです。

そのときに「そういやラッパーの人たち、靴の話してたな」と思っていろいろ考えてみました。

それがいまのスニーカーへの興味の発端だった気がします。

しかし、スニーカーに関してもいろんな説があって、「ジョーダンなんかみんな履いててだせぇよ」みたいな意見もあるんです。難しいですね。

要はみんながどう言ってるかじゃなくて、自分がどうしたいのか。どんな靴を履きたいのか。っていう、なんか、クソ説教くさい話に落ち着きそうです。でも大事なこと。

「これは俺には似合わないかなぁ」とかドキドキするのも楽しいですよ。

こないだ見た目に惹かれて買ったゴツい靴が、サイズが合ってないのかめちゃくちゃ足を痛めつけるマゾシューズだったので、失敗したな、と思いました。授業料だと考えることにします。

 

金が無くて暇!金が無くて暇なんだけど、神木隆之介くんはどう思う?

 

神木隆之介「僕は小さいころから仕事してたから、お金がなかったことはないなぁ・・・。でも欲しいものもそれほどないから、ちょっとあげるね」

 

ちょっとて、これ10万円じゃん!!!ありがてええええ。

 

というわけでね。今日もブログ、楽しく書いていこうと思いますけどもね(カワウソのような顔で)。

「金がない」っていうの、みっともないですよね。事実でもあまり言わない方がいいと思います。

「あ~金欲しい~」

「あ~彼女欲しい~」

「あ~四限サボりて~」

っていう声が聞こえてきたとして、その声の主の風貌を想像してみてください。

 

まちがいなく、キャップをエロ被りしてますよ。シュプリームのボックスロゴのパーカーとか着てるかもしれません。

どちらにしろ、上品な紳士は上記のような言葉を発したりはしません。

紳士は欲望をあらわにしないのです。

また紳士は無駄にスマートフォンをいじったりしません。

紳士は無為に流れていく時間を楽しむことができます。

当然、紳士はツイッターやインスタグラムのアカウントももってませんし、ブログを更新したりもしません。

なぜなら、紳士は自分の意見を主張したいという気持ちがあまりないのです。

紳士は一日中、誰とも会話しない日だってあります。

それでも彼はそのことに不満を持ったことはありません。なぜなら、道を歩いていれば、季節ごとに変わる空気の薫りや、美しい声で仲間を呼ぶ鳥たち、散歩しながら一生懸命あたりを嗅ぎまわる愛らしい犬の姿、その犬に話しかけている飼い主のおばあさんの姿を、感じ取ることができ、それらは紳士を飽きさせることがないからです。

 

まあ俺は紳士ではないから関係ないけど・・・・・・

 

話は変わるけど僕は本屋でバイトしてるんですけど、棚の整理しながら

「こんなクソくだらないものばっか出してるから、この業界は衰退してるんだよ・・・」

などと、「なにかを批判すれば自分が偉くなれると錯覚してるしょうもないおっさん」みたいなことを思っているんですが。

書店においてある本って、フィクションをのぞくとだいたいが「読者の『こうなりたい』っていう願望を叶えるためのHow To本」なんですよ。

「〇〇で痩せる!」

とか

「〇〇すると人生が変わる!」

とか

「足をもむだけで全ての病気が完治する!」

とか

「男性器を上下にこするだけで幸せになれる!」

とか

「男性器を上下にこする経営者が毎日必ずやっていること!」

とか

「驚くほどゴルフのスコアが伸び悩むけど、射精時の精液の飛距離が上がる!」

とか

・・・・・・・・・・・・

ばかやろうそんなハウツー本なんか読んでもお前の人生は一ミリも揺らぐことはねえんだよ。

そんなんじゃお前は永遠に今のろくでもないクソみたいなクソの役にも立たない犬のメシ以下のゴミみてえな人生をいつまでも送り続けるだけだよ。

わかった?

 

ま、僕も何年か前に「嫌われる勇気」っていう今ベストセラーになってる自己啓発本を読んでけっこう感動したりしたんですけどね・・・・・・

 

 

ははははは

 

暇だからまたすぐに次の記事書くかもしれません。

 

明日は大学だ。やったあ。

僕は大学が好きだ。別に授業が好きなわけではない。仲のいい友達がいるわけでもない。

人間はタスクが好きな生き物だと思う。「これをやれ」みたいに言われてる方が、自分の頭を使わないで済む。

仕事だって、上から「これをやれ」と言われた方が楽だ。

やれば達成感があるし。

RPGとかで、よくおつかいを頼まれる場面がある。

「このアイテムが必要」みたいな。

あれは結局、労働なのではないか、という疑問がある。

というか、ゲームというのは労働と似ている。どこが違うかというと、ゲームは、努力の見返りが数値としてわかる。

実際の労働は「これってほんとに役に立ってるのかな?」とか「あんなにがんばったけど、上司は全然見てないし、給料も変わらんな」みたいな、不透明さに満ちている。


何がいいたいのかというと、大学に行くと、なんかやった感があるので、ずっと家にいるよりいいということです。