生きたまま埋めるのはかわいそうだよ

シュールな世界観がいいね~って棒読みで言って

サボり⑦

次の日も荒川の土手に行ったが、おじさんはいなかった。大学の講義があったので、少し日光浴をしてから引き上げた。その次の日は雨が降っていて、大学に行く気にもなれなかったので、家でゴロゴロしていた。その次の日に土手に行くとおじさんがいた。おじさんは、僕のいるいないに関わらず毎日土手に来ていたらしい。
おじさんは博識なようで、仏教の話や哲学の話をいろいろしてくれたが、僕にはほとんど理解できなかった。おじさんは柳宗悦の本をくれた。
ゼミが始まる前の時間に、柳宗悦の本を漫然と眺めていると空木が話しかけてきた。
「どうしたの、本なんか読んで」
「おじさんにもらったんだ」
「おじさん?」
「まあ、話すと長くなる。それより今日テストやるんだっけ。何出るか知ってる?」
空木も出題内容は把握してなかったが、テストというより授業内レポートだったので、適当にお茶を濁した。
学食に行こうと空木を誘った。
「なんか久しぶりだな。最近どうよ?」
空木がラーメンを啜る手を止めて言った。
「最近どうよ、っていうのは漠然とした質問だよね」と僕は答えた。
「うわ、この感じ。この感じね」
空木はなるとを食べた。
僕は今日は油淋鶏ではなく、うどんを食べている。
おじさんとのエピソードを一通り話し終えると、空木が疑問を投げかけてきた。
「そのさっきからちょくちょく出てくる"生の実感"ていうのはなんなの?」
「それはわからん。なんだと思う?」
「だって現におまえは生きているじゃん。それじゃだめなの?」
「それじゃだめなんだ。やっぱり人間って志がないと生きていけないんだよ。だって別にどうなってもいいと思ってるからね。自分が」
空木は立ち上がり、平手で僕の頬を叩いた。
呆然としていると、空木はもう一度叩いた。痛い。
3回目のビンタが飛ぶ前に空木の腕を掴んだ。「どうした」
「いや、おまえがどうなってもいいっていうから」
「どうなってもいいって言ったけど、そういうことじゃないんだよ」
「"どうなっても"だろ?こうなることだってその"どうなっても"の中に含まれてるだろ?」
「含まれてないよ」
「じゃあおまえの"どうなっても"はおまえが自分の都合でその範囲を限定できる"どうなっても"なわけだ。それは本当の意味で"どうなっても"と言えるか?」
「わかった。ごめん、どうなってもよくはない。ビンタはやめてくれ。お願いします」